もうすぐ土用の丑の日ですね | 大阪・神戸・京都へブライダル司会者派遣・養成

オフィスエクラン

お問い合わせはこちら

メールフォームへ

ブログ

2020.07.31 ブログ

もうすぐ土用の丑の日ですね

本日やっと、近畿地方では梅雨明けしたと発表がありました。
長い梅雨でしたねー。
統計開始以来、3番目に遅い梅雨明けのようです。
 

いつもブログをご覧いただきまして
ありがとうございます
オフィスエクラン 
司会者 乾です
 

先日、入道雲を見かけました!
私は夏を感じさせてくれる入道雲が好きです!
これから夏本番、夏バテしないよう気を付けていきたいものです

 

皆様は暑さに負けないように何を食べますか?
 

「土用の丑の日」
今のように土用にうなぎを食べる習慣が一般化したきっかけは、
江戸時代にあるうなぎ屋さんが
「うなぎが売れないので何とかしたい」と
学者 平賀源内に相談したところ 

 

「本日土用の丑」と書いた張り紙を張り出しました
すると、たちまち大勢の人がうなぎ屋に
駆けつけお店が大繁盛し
他の店も真似をしたというエピソードから
土用の丑にうなぎを食べる習慣ができたそうです
 

夏の土用の時期は暑さが厳しく
夏バテをしやすい頃ですから
精のつくうなぎを食べるというのは
自然に生活の知恵として定着していったのでしょう

 

さて、2020年の「丑の日」は2回あります

7月20日(火)と、
明後日8月2日(日)

うなぎはタンパク質、ビタミン、ミネラルなどが豊富で疲労回復の他に視力の低下防止、皮膚を健康にするので美容や口内炎にもよく
丈夫な骨を維持するなど
栄養価が高い食材です
そして、絶滅の危機となっているので
お値段もなかなかのもの
  

土用の丑に食べるのは
うなぎだけではなく
丑の日に「う」のつくものを食べると
病気にならないといわれています!
 

暑さや季節の変わり目で
体調が整わない時こそ
胃に優しい「うどん」や、
「うめぼし」
「うし」(牛肉)
「うり」(きゅうり)などを食べると良いそうです。
 

ちなみに精のつく食べ物には
牡蠣、アサリ、ハモ、青魚、牛肉、豚肉、納豆、油揚げなどがあります。

 
さあ!
うのつくものを食べて免疫力アップ!
暑い時期を乗り越えましょう♪

司会者の乾でした

<<日頃のトレーニングをご紹介します
一覧ページへ戻る
2020年夏から来年の夏へ願いをこめて>>
PAGETOP
▲ PAGETOP